トピックス

トランスフォーマティブ生命分子研究所(本専攻協力教員)の中道範人特任准教授らの研究成果が中日新聞で紹介されました

トランスフォーマティブ生命分子研究所(本専攻協力教員)の中道範人特任准教授らの研究グループが、植物の生物時計の周期が低分子化合物によって変化することを発見しました。
 この研究成果は、2019年5月14日付の米国科学誌電子版に掲載され、同日付の中日新聞で紹介されました。ぜひご一読ください。
 

トランスフォーマティブ生命分子研究所(本専攻協力教員)の植田美那子特任講師らの研究成果が中日新聞で紹介されました

トランスフォーマティブ生命分子研究所(本専攻協力教員)の植田美那子特任講師らの研究グループが、植物の受精卵が最初に細胞分裂する仕組みを解明しました。
 この研究成果は、米国科学誌の電子版で発表され、2019年5月9日付の中日新聞で紹介されました。ぜひご一読ください。
 

東山団地年次点検による停電及び断水について(通知)

東山地区の受変電設備年次点検に伴い、下記のとおり停電、断水及びネットワーク接続の停止等が発生します。
各部局関係各所へ周知いただくとともに、点検のための鍵の貸し出しなど、御協力の程よろしくお願いいたします。
なお、この点検は電気事業法により定められた学内保安規程に基づき行うものです。
 
                    記
 
停電日時  2019年11月17日(日)8時から18時まで 
断水日時  2019年11月17日(日)8時から21時まで

※詳細はファイルをご覧ください。 
 
本件の問い合わせ先 施設管理部施設管理課 電気エネルギー管理係(内線2141/4918)
 
※東山地区の電気設備年次点検(全学停電)は毎年11月の第3日曜日に行います。

ファイルはこちら→

遺伝子実験施設の野元美佳助教が受賞された、2019年「ロレアル・ユネスコ女性科学者賞ー国際新人賞」授賞式が開催されました

遺伝子実験施設の野元美佳助教が受賞された、2019年「ロレアル・ユネスコ女性科学者賞ー国際新人賞」授賞式が開催されました。
この賞は、化粧品会社ロレアルグループとユネスコが、将来が期待される生命科学、物理科学、工学、数学などの分野の若手女性科学者を支援する賞です。
野元助教は、日本ロレアルが推進する2018年「ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞」の受賞に次いで新たに本賞を受賞するという快挙を達成しました。なお、国際新人賞の日本人受賞は4人目で、授賞式は3月14日(木)(※現地時間)パリのユネスコ本部にて行われました。着物を着ているのが野元助教です。
なお、リンクページのロレアルジャパンのホームページでは、野元先生の大きな写真をクリックすると、名古屋大学で撮影したムービーも見られます。ぜひご覧ください。

リンクページはこちら→

3/18〜19開催の名古屋大学神経回路国際シンポジウムが中日新聞に掲載されました

2008年ノーベル化学賞受賞者で昨年10月に亡くなった、本学特別教授の下村脩先生をしのぶ神経回路国際シンポジウムの開催について、2019年3月15日の中日新聞に掲載されました。ぜひご一読ください。
 

ー(以下、シンポジウム案内)ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下記国際シンポジウムが開催されます。皆様ぜひご来聴ください。
 
日程:2019年3月18日(月)- 19日(火)
会場:名古屋大学 東山キャンパス 坂田・平田ホール
使用言語:英語
参加費:無料(事前登録は要りません。)
※3月18日 18:30~懇親会を開催いたします。
 
招待講演者:
Martin Chalfie(コロンビア大学・教授)
Robert Waterston(ワシントン大学・教授)
濡木 理(東京大学 大学院理学系研究科 生物科学専攻・教授)
Yishi Jin(カリフォルニア大学サンディエゴ校・教授)
上川内 あづさ(名古屋大学理学研究科・教授)
Benjamin Scholl(マックス・プランク研究所)
津田 佐知子(埼玉大学・助教)
山方 恒宏(東北大学 大学院 生命科学研究科・准教授)
Dhananjay Bambah-Mukku(ハーバード大学・研究員)
 
使用言語:英語

リンクページはこちら→

「大学院入試案内」>「2020年度入学(2019年度実施)博士前期課程学生募集」を更新しました

生命ホームページの「大学院入試案内」>「2020年度入学(2019年度実施)博士前期課程学生募集」を更新しました。

リンクページはこちら→

「大学院入試案内」>「大学院説明会」を2019年度に更新しました

生命ホームページの「大学院入試案内」>「大学院説明会」を2019年度に更新しました。

リンクページはこちら→

本専攻の松林嘉克教授が読売テクノ・フォーラムが科学技術分野で優れた業績を上げた若手研究者を表彰する、2019年度第25回ゴールド・メダル賞の受賞者に決定しました

本専攻の松林嘉克教授が、読売テクノ・フォーラムが科学技術分野で優れた業績を上げた若手研究者を表彰する、2019年度第25回ゴールド・メダル賞の受賞者に決定しました。

 
贈賞式を4月17日午後5時に東京・丸の内の東京會舘にて、受賞記念講演会は5月11日に東京・内幸町の日本プレスセンターで開催します。
各受賞者の業績は4月に読売新聞朝刊で紹介する予定です。
ぜひリンクをご一読下さい。

リンクページはこちら→

木全祐資さんの育志賞受賞記念講演会が開催されました

3月11日に、木全祐資さんの育志賞受賞記念講演会が、坂田・平田ホールにて開催されました。
その時の様子をアップしましたので、リンクページをご覧ください。

ー(講演会開催のご案内)ーーーーーーーーーーーーーーーー
第9回(平成30年度)日本学術振興会 育志賞を受賞した、本専攻後期博士課程の木全祐資さんの受賞記念講演会が、下記の通り開催されます。
今回の受賞対象となった木全さんの研究テーマは、「受精卵の非対称分裂による植物の上下軸形成機構の解明」です。生命農学研究科の受賞者の研究テーマも、本専攻と関係が深い内容ですので、ぜひご参加ください。

日 時:平成31年3月11日(月)13時00分~14時30分(受付12時45分~)
会 場:理学南館 坂田・平田ホール
 
講 演:
萩尾 華子(大学院生命農学研究科)
『魚はものをどのように見ているのかー視覚中枢に関する研究―』
 
木全 祐資(大学院理学研究科)
『受精卵の非対称分裂による植物の上下軸形成機構の解明』

リンクページはこちら→

遺伝子実験施設の野元美佳助教が、2019年「ロレアル・ユネスコ女性科学者賞ー国際新人賞」を受賞されました!

遺伝子実験施設の野元美佳助教が、2019年「ロレアル-ユネスコ女性科学賞-国際新人賞」を受賞されました。
この賞は、化粧品会社ロレアルグループとユネスコが、将来が期待される生命科学、物理科学、工学、数学などの分野の若手女性科学者を支援する賞です。
野元助教は、日本ロレアルが推進する2018年「ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞」の受賞に次いで新たに本賞を受賞するという快挙を達成しました。なお、国際新人賞の日本人受賞は4人目で、授賞式は3月14日(木)(※現地時間)パリのユネスコ本部にて行われます。
詳細は、リンクページからご覧ください。

リンクページはこちら→

本専攻後期博士課程の木全祐資さんが、第9回(平成30年度)日本学術振興会 育志賞を受賞されました

本専攻後期博士課程の木全祐資さんが、第9回(平成30年度)日本学術振興会 育志賞を受賞されました。
本賞は、将来、我が国の学術研究の発展に寄与することが期待される優秀な大学院博士課程学生を顕彰することで、その勉学及び研究意欲を高め、若手研究者の養成を図ることを目的として創設されました。 今回の受賞対象となった木全さんの研究テーマは、「受精卵の非対称分裂による植物の上下軸形成機構の解明」です。
詳細は、リンクページの日本学術振興会 育志賞の受賞者一覧をご覧ください。

リンクページはこちら→

11 件中 1−11 件目

  • 1

pagetop