研究業績


 

Recent Publications (2022.1-present)

18. Hookabe N, Kajihara H, Chernyshev AV, Jimi N, Hasegawa N, Kohtsuka H, Okanishi M, Tani K, Fujiwara Y, Tsuchida S, Ueshima R.
Molecular phylogeny of the genus Nipponnemertes (Nemertea: Monostilifera: Cratenemertidae) and descriptions of 10 new species, with notes on small body size in a newly discovered clade.
Frontiers in Marine Science. >>Link
>>プレスリリース(名古屋大学)
北西太平洋沿岸(日本本州~ウラジオストク)の潮間帯~深海域からニッポンネメルテス属(紐形動物門:単針類)の10新種のヒモムシを発見し、系統解析の結果ニッポンネメルテス属における体サイズの小型化は深海環境への適応である可能性が示唆された。 10新種のうち2種、Nipponnemertes crypta カクレオメンヒモムシおよび Nipponnemertes sugashimaensis スガシマスジナシヒモムシ は理学研究科附属臨海実験所を利用して三重県鳥羽市菅島近海において発見されたものである。

17. Jimi N, Tsuchida S, Kayama Watanabe H, Ohara Y, Yokooka H, Woo SP, Fujiwara Y.
Worm on worm: two rare genera of Calamyzinae (Annelida, Chrysopetalidae), with a description of new species.
Parasitology International. >>Link
共生性タンザクゴカイ科稀属2種の記載および系統的位置の議論。1種はCalamyzasというゴカイに寄生するゴカイであり、非常に特異な形態と生態をしているが1932年に1種報告されて以来同属他種が知られていなかった幻のゴカイ。

16. Kin I, Jimi N, Ohtsuka S, Mizuno G, Nakamura T, Maekawa Y, Oba Y.
The COI haplotype diversity of the pelagic polychaete Tomopteris (Annelida: Tomopteridae) collected from the Pacific coast off Kii Peninsula, central Japan.
Plankton and Benthos Research. >>Link
日本産のオヨギゴカイ科の標本の分子系統解析と形態観察を行ったところ、オヨギゴカイには想像以上の多様性があることを示しいくつかのクレードにおいて生物発光を確認した。

15. Jimi N, Chen C, Fujiwara Y.
Two new species of Branchinotogluma (Polynoidae: Annelida) from chemosynthesis-based ecosystems in Japan.
Zootaxa. >>Link
熱水域および湧水域からウロコムシ2新種を記載した。Branchinotogluma 属は化学合成生態系のみから知られる特殊なグループで特にB. nikkoensisの系統的な位置は寄生性の近縁属との関係を考える上でも興味深い。

14. Nishi E, Abe H, Tanaka K, Jimi N, Kupriyanova EK.
A new species of the Spirobranchus kraussii complex, S. akitsushima (Annelida, Polychaeta, Serpulidae), from the rocky intertidal zone of Japan.
ZooKeys. >>Link
>>プレスリリース(名古屋大学)
ヤッコカンザシゴカイはこれまで世界共通種とされてきたが、日本産種は別種であることがわかり新種として記載した。本種の石灰質の管は遺骸として岩礁上に数千年単位で長く残ることから、過去の平均海面の推定の際に良好な指標となり、実際に地震による土地の隆起や沈降の証拠として利用されている。

13. Ogawa A, Jimi N, Hiruta SF, Chen C, Kobayashi I, Pratama GA, Tanaka H, Okanishi M, Komatsu H, Ikehara M.
Taxonomy and distribution of deep benthos collected in and around the Southern Ocean during the 30th Anniversary Expeditions of R/V Hakuho Maru: Annelida, Mollusca, Ostracoda, Decapoda, and Echinodermata.
Polar Science. >>Link
南極海においてドレッジおよびマルチプルコアラーによって採集された深海底生生物とその分布をまとめた論文。

12. Jimi N,, Hasegawa N, Taru M, Oya Y, Kohtsuka H, Tsuchida S, Fujiwara Y, Woo SP.
Five New Species of Flabelligera (Flabelligeridae: Annelida) from Japan.
Species Diversity. >>Link
日本においてカンテンハボウキ Flabelligera affinisと呼ばれている種を全国の標本を元に見直し、分類学的な整理を行った。日本にはFlabelligera affinis は存在しないことを明らかにし、各地域の標本に基づきFlabelligera 属5新種を記載した。

11. Kozgunova E, Yoshida MW, Reski R, Goshima G.
Spindle motility skews division site determination during asymmetric cell division in Physcomitrella.
Nat Commun. >>Link
>>プレスリリース(名古屋大学)
ヒメツリガネゴケを用いた細胞観察実験により、中心体に依存しない植物細胞の分裂の際にも紡錘体がアクチン骨格依存的に動きうること、紡錘体の動きに応じて分裂面の位置が変わることを見出した。

10. Hookabe N, Motobayashi H, Jimi N, Kajihara H, Ueshima R.
First record of the decapod-egg predator Ovicides paralithodis (Nemertea, Carcinonemertidae) from the snow crab Chionoecetes opilio (Decapoda, Brachyura).
Parasitology International. >>Link
ズワイガニの卵巣からタラバガニヒモムシを発見した。今まではタラバガニの卵巣からしか知られていなかったが、これによりタラバガニヒモムシは多宿主性であることを示した。また、どのように多宿主性を維持できるかを議論した。

9. Jimi N, Fujimoto S, Fujiwara Y, Oguchi K, Miura T.
Four new species of Ctenodrilus, Raphidrilus, and Raricirrus (Cirratuliformia, Annelida) in Japanese waters, with notes on their phylogenetic position.
Peer J. >>Link
砂浜・潮間帯の岩の裏・深海の鯨骨と様々な間隙環境に生息する微小なグループの多毛類4新種記載を行い、Ctenodrilus, Raphidrilus, Raricirrus属の系統的位置について議論した。

8. Kim J, Goshima G.
Mitotic spindle formation in the absence of Polo kinase.
Proc Natl Acad Sci U S A. >>Link
>>プレスリリース(名古屋大学)
実験室内での生物進化誘導実験により、細胞分裂を制御する潜在機構を明らかにした論文。

7. Yi P, Goshima G.
Division site determination during plant asymmetric division.
Plant Cell. >>Link
植物細胞の非対称分裂機構について、細胞極性と核輸送の観点から論じた総説。

6. Aguado MT, Ponz-Segrelles G, Glasby CJ, Ribeiro RP, Nakamura M, Oguchi K, Omori A, Kohtsuka H, Fisher C, Ise Y, Jimi N, Miura T.
Ramisyllis kingghidorahin. sp., a new branching annelid from Japan.
Organisms Diversity & Evolution. >>Link
>>プレスリリース(東京大学)
佐渡島近海における潜水調査により、体が分岐する新種の環形動物を発見し、キングギドラシリスと命名した。左右相称の動物において、体幹部が分岐する体制をもつものは極めて稀である。 本種の体は尾部に向かって幾度も分岐し、宿主となるカイメンの中で縦横無尽に張りめぐらせている。進化学的にも発生学的にも非常に興味深いキングギドラシリスの発見は、左右相称動物の形態の進化過程を探る手がかりともなりうる。

5. Hookabe N, Jimi N, Yokooka H, Tsuchida S, Fujiwara Y.
Lacydonia shohoensis (Annelida, Lacydoniidae) sp. nov. – a new lacydonid species from deep-sea sunken wood discovered at the Nishi-Shichito Ridge, North-western Pacific Ocean.
Journal of the Marine Biological Association of the United Kingdom. >>Link
ラキドニア科多毛類の新種ショウホラキドニアを正保海山の沈木より記載した。昨年行われた環境研究総合推進費の研究に基づくROVによる海山列海洋保護区モニタリングの基礎データとしての成果。

4. Molines AT,Lemière J, Edrington CH, Hsu C-T, Steinmark IE, Suhling K, Goshima G, Holt LJ, Brouhard GJ, Chang F.
Physical properties of the cytoplasm modulate the rates of microtubule growth and shrinkage.
Dev Cell. >>Link
細胞質の粘性により微小管の動態が影響を受けるという論文に、ヒメツリガネゴケの系で貢献した。

3. Shirae-Kurabayashi M, Edzuka T, Suzuki M, Goshima G.
Cell tip growth underlies injury response of marine macroalgae
PLOS One. >>Link
実験所周辺で採取した66種の海藻について切断応答を調べ、そのうち4種において切断面からの細胞伸長や核分裂の様子をライブイメージングで観察した。菅島臨海における海藻細胞分子生物学研究の第一歩となる論文。

2. Goshima G.
Growth and division mode plasticity is dependent on cell density in marine-derived black yeasts
Genes to Cells. >>Link
実験所の前で真菌類(カビ、酵母)を採集したところ、これまで研究によく用いられていた陸生のものとは異なり、細胞の密度に応じて成長や分裂の様式を変える種が複数見つかった。菅島臨海における海生真菌生物学研究の第一歩となる論文。

1. Roeder AHK, Otegui MS, Dixit R, Anderson CT, Faulkner C, Zhang Y, Harrison MJ, Kirchhelle C, Goshima G, Coate JE, Doyle JJ, Hamant O, Sugimoto K, Dolan L, Meyer H, Ehrhardt DW, Boudaoud A, Messina C.
Fifteen compelling open questions in plant cell biology.
Plant Cell. >>Link
植物細胞生物学で現在未解明の15の大きな問題が挙げられている。執筆者の一人として選ばれた五島は、細胞分裂面の決定機構について論じた。



Publications (2021.7-2021.12)

Nakano H, Jimi N, Sasaki T, Kajihara H.
Sinking Down or Floating Up? Current State of Taxonomic Studies on Marine Invertebrates in Japan Inferred from the Number of New Species Published Between the Years 2003 and 2020.
Zoological Science 39: Online first. >>Link
2003年以降に日本から新種記載された海産無脊椎動物のレビュー。日本における海洋無脊椎動物の分類学的研究は近年復活の兆しを見せているが、特定の分類群においては新しい分類学者の育成が課題であることが明らかになった。

Kanie S, Miura D, Jimi N, Hayashi T, Nakamura K, Sakata M, Ogoh K, Ohmiya Y, Mitani Y.
Violet bioluminescent Polycirrus sp. (Annelida: Terebelliformia) discovered in the shallow coastal waters of the Noto Peninsula in Japan.
Sci Rep. >>Link
能登から採集したPolycirrus属のフサゴカイが非常に短い波長で発光することを発見し、発光は免疫関連遺伝子の触手での発現と関連していることを明らかにした。発光は捕食者に対する防御の可能性を示した。

Jimi N, Hookabe N, Tani K, Yoshida R, Imura S.
The phylogenetic position of Branchamphinome (Annelida, Amphinomidae) with a description of a new species from the North Pacific Ocean
Zool Sci. >>Link
ウミケムシ科の中で非常に小さな体を持ち独特な形をしているBranchamphinome属を北太平洋から初めて発見し、新種として記載すると共に属の系統的な位置を決定することで特殊な形質の進化について議論した。

Tsuchiya K, Goshima G.
Microtubule-associated proteins promote microtubule generation in the absence of γ-tubulin in human colon cancer cells
J Cell Biol. . >>Link
>>プレスリリース(名古屋大学)
細胞の形作りや分裂に必須の細胞骨格・微小管が生み出される新しい機構をヒトの培養細胞を用いた実験で発見した。

Gomes Pereira S, Sousa AL, Nabais C, Paixão T, Holmes AJ, Schorb M, Goshima G, Tranfield EM, Becker JD, Bettencourt-Dias M.
The 3D architecture and molecular foundations of de novo centriole assembly via bicentrioles
Curr Biol. >>Link
コケ植物の精子の運動を担う鞭毛の形成機構に関する国際共同研究論文。

Goshima G.
Microtubule Nucleation Pathways
Encyclopedia of Biological Chemistry III (Third Edition). >>Link
細胞の形作りや分裂に必須の細胞骨格・微小管が生み出される分子機構についてのこれまでの知見を概説した。