研究内容


 

Recent Publications (2021.7~)

9. Nakano H, Jimi N, Sasaki T, Kajihara H. (2021) Sinking Down or Floating Up? Current State of Taxonomic Studies on Marine Invertebrates in Japan Inferred from the Number of New Species Published Between the Years 2003 and 2020. Zoological Science 39: Online first. >>Link
2003年以降に日本から新種記載された海産無脊椎動物のレビュー。日本における海洋無脊椎動物の分類学的研究は近年復活の兆しを見せているが、特定の分類群においては新しい分類学者の育成が課題であることが明らかになった。

8. Roeder AHK, Otegui MS, Dixit R, Anderson CT, Faulkner C, Zhang Y, Harrison MJ, Kirchhelle C, Goshima G, Coate JE, Doyle JJ, Hamant O, Sugimoto K, Dolan L, Meyer H, Ehrhardt DW, Boudaoud A, Messina C. (2021)
Fifteen compelling open questions in plant cell biology.
Plant Cell. on line >>Link
植物細胞生物学で現在未解明の15の大きな問題が挙げられている。執筆者の一人として選ばれた五島は、細胞分裂面の決定機構について論じた。

7. Kanie S, Miura D, Jimi N, Hayashi T, Nakamura K, Sakata M, Ogoh K, Ohmiya Y, Mitani Y. (2021)
Violet bioluminescent Polycirrus sp. (Annelida: Terebelliformia) discovered in the shallow coastal waters of the Noto Peninsula in Japan.
Sci Rep >>Link
能登から採集したPolycirrus属のフサゴカイが非常に短い波長で発光することを発見し、発光は免疫関連遺伝子の触手での発現と関連していることを明らかにした。発光は捕食者に対する防御の可能性を示した。

6. Shirae-Kurabayashi M, Edzuka T, Suzuki M, Goshima G. (2021)
Cell tip growth underlies injury response of marine macroalgae
bioRxiv >>Link
実験所周辺に生息する海藻66種について藻体の切断応答を調査したところ、25種で切断面から芽や仮根を生じるか、胞子化を起こすことが分かった。菅島臨海における海藻細胞分子生物学研究の第一歩となる論文。

5. Goshima G. (2021)
Growth and division mode plasticity by cell density in marine-derived black yeasts
bioRxiv >>Link
実験所の前で真菌類(カビ、酵母)を採集したところ、これまで研究によく用いられていた陸生のものとは異なり、細胞の密度に応じて成長や分裂の様式を変える種が複数見つかった。菅島臨海における海生真菌生物学研究の第一歩となる論文。

4. Jimi N, Hookabe N, Tani K, Yoshida R, Imura S. (2021)
The phylogenetic position of Branchamphinome (Annelida, Amphinomidae) with a description of a new species from the North Pacific Ocean
Zool Sci, online >>Link
ウミケムシ科の中で非常に小さな体を持ち独特な形をしているBranchamphinome属を北太平洋から初めて発見し、新種として記載すると共に属の系統的な位置を決定することで特殊な形質の進化について議論した。

3. Tsuchiya K, Goshima G. (2021)
Microtubule-associated proteins promote microtubule generation in the absence of γ-tubulin in human colon cancer cells
J Cell Biol. In press >>Link
細胞の形作りや分裂に必須の細胞骨格・微小管が生み出される新しい機構をヒトの培養細胞を用いた実験で発見した。

2. Gomes Pereira S, Sousa AL, Nabais C, Paixão T, Holmes AJ, Schorb M, Goshima G, Tranfield EM, Becker JD, Bettencourt-Dias M. (2021)
The 3D architecture and molecular foundations of de novo centriole assembly via bicentrioles
Curr Biol. S0960-9822(21)01053-8. >>Link
コケ植物の精子の運動を担う鞭毛の形成機構に関する国際共同研究論文。

1. Goshima G. (2021)
Microtubule Nucleation Pathways
Encyclopedia of Biological Chemistry III (Third Edition) 5:547-553 >>Link
細胞の形作りや分裂に必須の細胞骨格・微小管が生み出される分子機構についてのこれまでの知見を概説した。