トピックス

トランスフォーマティブ生命分子研究所(本領域兼務)の木下俊則教授らの研究成果が、英国学術誌「New Phytologist」に掲載され、プレスリリースされました

トランスフォーマティブ生命分子研究所(本領域兼務)の木下俊則と東京大学理学系研究科の安藤英伍の研究グループは、植物の気孔が二酸化炭素に応じて閉じる新たな仕組みを発見しました。
この研究成果は、2022年10月1日付英国学術誌「New Phytologist」電子版に掲載されました。
詳細は下記URLをご覧ください。
 

リンクページはこちら→

カレンダー

今後の予定


pagetop