トピックス

本専攻博士後期課程3年の松村 護さん、遺伝子実験施設の多田安臣教授と野元美佳助教の研究成果が、英国科学雑誌「Nature Communications」オンライン版に掲載され、プレスリリースされました

本専攻博士後期課程3年の松村 護さん、遺伝子実験施設の多田安臣教授と野元美佳助教らの研究グループは、植物は、雨を葉の表面に存在する毛状の細胞(トライコーム)によって感知すると、病原体の襲来を予見し、免疫を活性化することを明らかにしました。
この研究成果は、2022年3月8日付(日本時間3月8日19時)英国科学雑誌「Nature Communications」オンライン版で発表されました。
詳細はリンクページをご覧ください。

リンクページはこちら→

カレンダー

今後の予定


pagetop