トピックス

トランスフォーマティブ生命分子研究所(本専攻兼務)の中村匡良特任講師らの研究グループによる研究成果が英国科学誌「Nature Communications」に掲載され、プレスリリースされました

トランスフォーマティブ生命分子研究所(本専攻兼務)の中村匡良特任講師らの研究グループは、「のり」が「はさみ」を連れてくる、植物細胞のユニークな「微小管」形成の仕組みを明らかにしました。
この研究成果は、2021年6月17日18時(日本時間)付英国科学誌「Nature Communications」に掲載されました。
詳細はリンクページをご覧ください。

リンクページはこちら→

カレンダー

今後の予定


pagetop