トピックス

トランスフォーマティブ生命分子研究所(本専攻兼務)の佐藤良勝特任准教授らの研究グループによる研究成果が英国科学誌「Nature Communications」に掲載され、プレスリリースされました

トランスフォーマティブ生命分子研究所(本専攻兼務)の佐藤良勝特任准教授らの研究グループは、多くの生物種で利用可能なDNA染色蛍光色素(Kakshine、カクンシャイン)を開発しました。
この研究成果は、2021 年 5 月 11 日(火)午後6時(日本時間)に英国科学誌「Nature Communications」に掲載されました。
この研究は、科学技術振興機構、日本学術振興会科学研究費補助金、文部科学省科学研究費助成事業・新学術領域研究などの支援のもと行われたものです。
詳細はリンクページをご覧ください。

リンクページはこちら→

カレンダー

今後の予定


pagetop