トピックス

ニューロサイエンス研究センターの辻村啓太特任講師らの共同研究による研究成果が、米科学雑誌「Cell Reports」に掲載され、プレスリリースされました

ニューロサイエンス研究センター(高等研究院兼務)の辻村啓太特任講師/脳機能発達制御学グループ・グループディレクターらの共同研究により、神経発達障害レット症候群の原因因子である methyl-CpG  binding protein  2(MeCP2)がマイクロRNA(miRNA)を介して神経幹細胞の分化を制御していることを発見し、そのメカニズムを明らかにしました。
この研究成果は、2021 年 5 月 18 日(火)午前 11 時(米国東部標準時間)に国際学術雑誌『Cell Reports』に掲載されました。
本研究は、文部科学省科研費、日本医療研究開発機構(AMED)、精神・神経疾患研究開発費、レット症候群支援機構の支援のもとで行われたものです。
詳細はリンクページをご覧ください。

リンクページはこちら→

カレンダー

今後の予定


pagetop