トピックス

本専攻の西山朋子准教授と坂田凌大大学院生らの研究成果が、米科学雑誌「Cell Reports」に掲載され、プレスリリースされました

本専攻の西山朋子准教授と坂田凌大大学院生らの研究グループは、真核生物で姉妹染色分体間接着に必須の因子「コヒーシン」の機能が、DNA複製の進行にも必須であることを突き止めました。
この研究成果は、令和3年4月27日付(日本時間4月28日0時)米国科学雑誌「Cell Reports」に掲載されました。
本研究は、文部科学省科学研究費助成事業基盤研究B(18H02372)、学術変革領域(A)「ゲノムモダリティ」(20H05937)、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)さきがけ研究(JPMJPR19K4)の支援のもとで行われたものです。
詳細はリンクページをご覧ください。

リンクページはこちら→

カレンダー

今後の予定


pagetop