研究室・教員

研究室紹介

生体構築論講座 Laboratory of Biomolecular Architecture
脳回路構造学グループ Group of Neural Circuit

教授
上川内 あづさ聴覚情報処理システムの動作原理の解明
講師
石川 由希行動進化の神経分子基盤
助教
田中 良弥繁殖行動を生み出す神経メカニズム
助教
SU Matthew Paul(特任)蚊の聴覚行動と概日リズムの神経基盤
研究室のページはこちら
English
上川内 あづさ教授

私たちの脳は、いろいろな種類の感覚情報を受け取って、それを個人の内的な欲求と照らし合わせることで特定の選択を取り出す、一種の情報処理装置としてとらえることが出来ます。このような脳がどのような仕組みで動いているのかを理解することは、私たち自身を理解するためにはとても重要です。しかし、私たちの脳の中ではたくさんの細胞が神経回路という複雑な配線を作って絡み合っていて、それぞれの細胞は確率論的な振る舞いを示すため、 特定の状況でどのような神経回路がどのように働いているのか、その全貌はいまだにはっきりとは理解されていません。私たちの研究室では、ショウジョウバエや蚊という、小さな脳を持つモデル動物を利用することで、神経回路レベルでの脳の動作原理の解明を目指しています。特に、求愛行動に注目して、「求愛のシグナルを受け取る仕組み」「求愛のシグナルを評価する仕組み」を研究しています。

ショウジョウバエ聴覚系の神経解剖学

私たち人間を含めた多くの動物は、コミュニケーション手段として音を利用しています。コミュニケーションに使われる音の多くは種に固有のパターンを持つため、その伝達が成立するためには、受け取った音の意味を理解する、といった脳での情報処理が必要です。では、脳の中のどのような神経回路の組み合わせがこのような情報処理を担っているのでしょうか。私たちは、神経回路レベルで脳を理解するための優れたモデル動物であるショウジョウバエを利用して、音情報処理を担う聴覚神経細胞の包括的な同定と神経回路地図の作製を行っています。ショウジョウバエは求愛する時に、「求愛歌」と呼ばれる種に固有の羽音を奏でます。このような音の情報処理を担う脳の神経機構の理解を目指して、私たちは、ショウジョウバエの聴覚神経回路の網羅的な同定解析を進めています。今までの私たちの研究から、ショウジョウバエの聴覚器から脳へ投射する一次神経細胞が形成する神経回路地図が世界で初めて明らかになりました。また、二次神経細胞が形成する神経回路の構造を調べてみると、私たち哺乳類の聴覚系と類似性を持つことも分かりました。このことは、ショウジョウバエを用いた聴覚研究が、私たち自身の聴覚システムの理解にも貢献しうることを示しています。現在は、これらの神経細胞から情報を受け取る、より高次な神経細胞の体系的な同定を進めることで、ショウジョウバエ聴覚系を構成する全神経回路の全体像の包括的理解を目指しています。

神経解剖学を基盤としたシステムニューロバイオロジー

ショウジョウバエでは、同定した神経細胞の活動を可視化したり、その機能を改変したり、といった様々な操作を可能にする分子遺伝学という実験手法が整備されています。これを利用して私たちは、「脳」の中の神経活動をそのまま可視化することで、求愛歌などの「求愛を相手に伝えるシグナル」を受け取って処理する、脳の仕組みの解析を進めています。また、画像認識技術を利用して,求愛シグナルに対するショウジョウバエの応答行動を自動で定量化するコンピュータプログラムの開発にも成功しました。これを使って、様々な求愛刺激に対するショウジョウバエの応答行動の様子からシステムの内部構造を推定する、という意欲的な課題にも取り組んでいます。
 私たちはこのように、神経解剖学、神経生理学、神経機能を操作した個体の行動解析などといった、多階層に渡る研究をコンピュータを使った情報処理技術と組み合わせて神経機能を探る、というシステムニューロバイオロジー的な手法を用いることで、求愛コミュニケーションを可能にする脳の動作原理の解明を目指しています。さらに、世界中に分布するショウジョウバエ近縁種のそれぞれが示す、特徴的な求愛行動の神経基盤の解明や,行動の可塑性の制御機構の解明にも取り組んでいます。より良い配偶相手を得るために進化してきた求愛システムや、それを利用した行動がどのように制御されているのか,その全体像の理解を目指します。

蚊の配偶行動を制御する神経機構の解明と応用

蚊は吸血することで感染症を媒介し、毎年数十万人規模で人を死に至らしめます。蚊の吸血は、交尾後のメスが産卵のための栄養源を得る行動です。 よって、蚊の被害を防ぐ方策の一つとして、配偶行動への介入が考えられます。 私たちは最近、日本を含むアジア地域においてデング熱やジカ熱などを媒介するヒトスジシマカを対象に、その配偶行動を成立させる神経基盤の解明に着手しました。 特に、配偶行動に重要な役割を果たすと予想される聴覚系に着目して、その機能や特性を行動レベル・神経細胞レベルで解明することを目指しています。ヒトスジシマカの配偶行動を理解することで、新たな蚊の繁殖制御法の開発に繋がる可能性があります。

図1 ショウジョウバエの聴覚システム

A. キイロショウジョウバエのオスは羽を震わせた「求愛歌」を奏でてメスにアピールする

B. 音刺激を受け取る神経細胞群(左図)と、 脳の中の聴覚神経細胞(右図)

C. カルシウムイメージング法により、聴感覚神経細胞の活動を可視化

図2 ショウジョウバエの聴覚行動の自動解析システム

A. キイロショウジョウバエは求愛歌を聴くと相手を追いかける

B. 相手を追いかける行動を画像解析により自動検出して定量化

C. 求愛歌を聴いている時の脳の中の神経活動を可視化

References

  1. Wiring patterns from auditory sensory neurons to the escape and song-relay pathways in fruit flies.

    Hyunsoo Kim, Mihoko Horigome, Yuki Ishikawa, Feng Li, J Scott Lauritzen, Gwyneth Card, Davi D Bock, Azusa Kamikouchi
    The Journal of Comparative Neurology 2020年2月3日
  2. A feedforward circuit regulates action selection of pre-mating courtship behavior in female Drosophila

    Hiroshi Ishimoto, Azusa Kamikouchi

    Current Biology 30(3) 396-407 2020年2月3日
  3. A single male auditory response test to quantify auditory behavioral responses in Drosophila melanogaster.

    Yuki Ishikawa, Natsuki Okamoto, Yusuke Yoneyama, Naoki Maeda, Azusa Kamikouchi
    J Neurogenet 1-11 2019年5月
  4. Softness sensing and learning in Drosophila larvae.

    Kudow N, Kamikouchi A, Tanimura T
    The Journal of Experimental Biology 222(Pt 7) 2019年4月
  5. STEFTR: A Hybrid Versatile Method for State Estimation and Feature Extraction From the Trajectory of Animal Behavior.

    Shuhei J Yamazaki et al.

    Frontiers in neuroscience 13 626-626 2019年
  6. Stereotyped Combination of Hearing and Wind/Gravity-sensing Neurons in the Johnston’s Organ of Drosophila.

    Yuki Ishikawa, Mao Fujiwara, Junlin Wong, Akari Ura, Azusa Kamikouchi
    Frontiers in Physiology 10 1552-1552 2019年
  7. GABAergic local interneurons shape female fruit fly response to mating songs.

    Yamada D, Ishimoto H, Li X, Kohashi T, Ishikawa Y, Kamikouchi A

    The Journal of Neuroscience 38(18) 4329-4347 2018年4月
  8. Auditory experience controls the maturation of song discrimination and sexual response in Drosophila.

    Li X,Ishimoto H, Kamikouchi A

    eLife 7(e34348) 2018年3月
  9. Anatomic and Physiologic Heterogeneity of Subgroup-A Auditory Sensory Neurons in Fruit Flies

    Yuki Ishikawa, Natsuki Okamoto, Mizuki Nakamura, Hyunsoo Kim, Azusa Kamikouchi
    Frontiers in Neural Circuits 11 2017年6月
  10. Organization of projection neurons and local neurons of the primary auditory center in the fruit fly Drosophila melanogaster

    Eriko Matsuo, Haruyoshi Seki, Tomonori Asai, Takako Morimoto, Hiroyoshi Miyakawa, Kei Ito, Azusa Kamikouchi
    The Journal of Comparative Neurology 524(6) 1099-1164 2016年4月
  11. Identification of novel vibration- and deflection-sensitive neuronal subgroups in Johnston's organ of the fruit fly

    Eriko Matsuo, Daichi Yamada, Yuki Ishikawa, Tomonori Asai, Hiroshi Ishimoto, Azusa Kamikouchi
    Frontiers in Physiology 5 179 2014年5月
  12. Selectivity and plasticity in a sound-evoked male-male interaction in Drosophila.

    Yoon J, Matsuo E, Yamada D, Mizuno H, Morimoto T, Miyakawa H, Kinoshita S, Ishimoto H, Kamikouchi A
    
PloS one 8 e74289 2013年
カレンダー

今後の予定


pagetop