トップ プログラム 参加登録 演題登録 会員登録 会場アクセス
welcome

第62回トキシンシンポジウム

〜伊勢志摩カンファレンス

開催日: 平成27年7月8日(水)〜10日(金)

会場: エクシード合歓の郷

〒517-0403 三重県志摩市浜島町迫子2692-3
合歓の郷ホテル&リゾート内
TEL: 0599-52-1111
FAX: 0599-59-0001
Web: www.nemunosato.com/guestrooms/exceed.php

伊勢志摩の美しい新緑と芝生が目に心地よいリゾート施設で、
研ぎ澄まされた活性を持つ多様な生物トキシンの謎解きと応用について
ゆっくりと語り合いませんか。

今大会の5つの特色

@特別講演・招待講演
今回はトキシン研究の応用面にスポットを当ててご講演をお願い致しました。
・大森謙司先生:企業での研究で阻害薬の上市に導かれた信号伝達酵素研究に関するご発表  
・羽田野泰彦様:産学連携支援公益法人(TLO)から見た産学連携の現状と将来に関するご発表
・ラクオリア創薬蒲l:アカデミアと大手企業の橋渡しを担う創薬ベンチャー企業の
産学シナジー効果最大化への取組みに関するご発表 があります。

A拡充した懇話会
今回は研究者間の交流の時間を少し厚くお取り致しました。
・1次懇話会:交流演題を交えながらのサロン形式
・2次懇話会:引き続きサロン形式の懇話会
・3次懇話会:深夜の座談形式の懇話会
を(懇親会とは別に)ご用意いたしますので、ご自由にご参加ください。
インスピレーションの触発や共同研究の開拓等にお役立てください。

B産学連携歓談
シーズ実現・産学連携にお詳しい大森先生、羽田野様は
ご発表に加え、夜の懇話会にも参加していただけますので、
シーズ実現にご興味ある方は是非ご歓談ください。

Cお部屋での交流
部屋割りは、研究者間の交流を図るため、
基本的に3−4人の相部屋をお願いしております*。
一人部屋をご希望の方は別途ご相談ください。

D自己紹介カード
交流の場を長めにお取りしたことにより、
初対面の方どうしの交流の場も多く実現するかもしれません。
そこで、できれば自己紹介カード
(A4一枚程度の研究/自己紹介を透明ファイルに入れたものなど)
を持っていただくと、お互いのご研究やアピールの把握に便利かと思われますので、
ご推奨いたします(義務ではありません)。
内容はご自由に(交流演題スライドを刷ったものでも)。

*今回の部屋割りに関しまして
懇話会で自由に交流できる時間を長めにお取りしていますので、
部屋や食事では世代が離れると少し落ち着かないという方も、
部屋や食事での世代間交流こそ醍醐味とお考えの方もご納得されるように、
「同世代希望(学生)」、「同世代希望(学生以外)」、「世代に拘らない」
の3種の希望をお伺いしたいと思います。
できるだけ皆様のご希望に沿うようにいたしますが、
割振りの関係でご希望に添えない場合もありますので、ご容赦ください。



第62回トキシンシンポジウム世話人
名古屋大学大学院
理学研究科附属臨海実験所
荒木 聡彦 

*写真は合歓の郷ホテル&リゾート全景です。写真提供(C)伊勢志摩観光コンベンション機構