現在受付中の臨海実習


公開臨海実習(大学2〜4年生対象)

開催日程:平成29年7月31日~8月4日 (二日目以降、大学院生と共催となります。)

→申込締切:平成29年6月15日


公開臨海実習は名古屋大学理学部教務掛で履修申請を行って下さい。

その際、学部長(またはクラス担任教員)の推薦書と、 各大学で加入している学生教育研究災害障害保険の加入証明も必要となります。

なお、定員に満たない場合には募集を続けますので、お問合せ下さい。

<内容>詳細はこちらをご覧下さい。

・磯採集:ホヤをはじめとする海産無脊椎動物の生態と分類

・ウニの受精発生機構、特に先体反応、多精拒否、卵割機構を探る

・ホヤの受精における自己非自己認識機構、胚発生機構、生殖細胞形成機構を探る

・DNAシークエンサーを用いた分子系統学に関する実習と講義

・受精発生に関与するタンパク質のLC/MS/MSを用いたプロテオーム解析と講義

・遺伝子のゲノム編集技術を利用した遺伝子改変ホヤ等の作出技術と講義

<提出書類>詳細はこちらをご覧下さい。

1.特別聴講学生願書 (別紙様式)

2.健康診断書     (様式任意)

3.研究科長推薦書    (様式任意)

4.学生教育研究災害傷害保険加入証明書(様式任意)

→1〜4.の書類を同封の上、下記へお申し込みください。

(送付先)

〒464-8602名古屋市千種区不老町D3-6

名古屋大学教務学生課係(担当:神谷)

(電話)052-788-6252


公開臨海実習(大学院生対象)

開催日程:平成29年8月1日~4日(学部生と共催となります。)

→申込締切:平成29年6月15日


<内容>詳細はこちら

・DNAシークエンサーを用いた分子系統学に関する実習と講義

・受精発生に関与するタンパク質のLC/MS/MSを用いたプロテオーム解析と講義

・遺伝子のゲノム編集技術を利用した遺伝子改変ホヤ等の作出技術と講義

<提出書類>詳細はこちらをご覧下さい。

1.大学院特別聴講学生願書(別紙様式)

2.健康診断書     (様式任意)

3.研究科長推薦書    (様式任意)

4.学生教育研究災害傷害保険加入証明書(様式任意)

→1〜4.の書類を同封の上、下記へお申し込みください。

(送付先)

〒464-8602名古屋市千種区不老町D3-6

名古屋大学教務学生課係(担当:神谷)

(電話)052-788-6252


●「ひらめき☆ときめきサイエンス〜ようこそ大学の研究室へ〜」
プログラム名称:ウニの受精・発生観察とその分子機構

開催日:平成29年8月19日(土)→平成29年5月下旬〜6月上旬受付開始 

対象:中学生、高校生

詳細はこちらをご覧ください



公開臨海実習/愛知学長懇話会主催海洋生物学実習 合同実習(大学1~3年生対象)

開催日程:平成30年3月5日~3月9日 →平成29年9月頃受付開始


<内容>詳細はこちらをご覧下さい。

(1)磯採集:ホヤをはじめとする海産無脊椎動物の生態と分類

(2)ウニの受精発生機構、特に先体反応、多精拒否、卵割機構を探る

(3)ホヤの受精における自己非自己認識機構、胚発生機構、生殖細胞形成機構を探る

(4)アポトーシスに関する基礎的知識の修得

(5)質量分析計を用いたタンパク質同定法の基礎知識の修得

(6)ミニプロジェクト:上記の基礎実習を受けて、1ウニやホヤの受精と自他認識機構、2 ホヤの発生機構、3プログラム細胞死(アポトーシス)、4プロテオーム解析、5系統 分類解析、のいずれかのグループに分かれて、小さな研究を遂行する。それぞれの分野 について教員から包括的な講義を受けた後、参加者自らが問題を設定し、実験を計画・ 遂行する。得られた結果について発表会を行い、お互いに討論する。