トピックス

トランスフォーマティブ生命分子研究所(本専攻兼務)の東山哲也教授らの研究チームの研究成果が中日新聞に掲載されました

トランスフォーマティブ生命分子研究所(本専攻兼務)の東山哲也教授らの研究チームが、植物が受精する際、めしべ内で精細胞を運ぶ働きをするタンパク質と、卵細胞近くで出迎える役目のタンパク質が、鍵と鍵穴のように互いを認証し合っていることを突き止めました。研究成果は11月6日付の英科学誌電子版に掲載され、11月11日付の中日新聞で紹介されました。
詳細はリンクページのプレスリリースをご覧ください。ぜひご一読ください。

リンクページはこちら→


pagetop