トピックス

当専攻の鈴木孝幸講師、黒岩厚教授らの研究成果が様々なメディアで紹介されました

本専攻の鈴木孝幸講師、黒岩厚教授らの研究グループが、背骨を持つ脊椎動物の胴体の長さは「GDF11」というたった一つの遺伝子の働きによって変わることを突き止めました。研究成果は8月1日付の英科学誌電子版に掲載され、同日付中日新聞、10日付朝日新聞、12日付毎日新聞、31日付読売新聞等でも紹介され、テレビでもNHK名古屋やメーテレで放映されました。
詳細はリンクページのプレスリリースをご覧ください。ぜひご一読ください。

リンクページはこちら→


pagetop