当専攻の滝口金吾講師らのグループが、細胞の大きさほどの人工分子を、圧力をかけたり、温度を変えたりして、伸び縮みさせられることを、初めて実証しました。この成果は、全米化学会のホームページに掲載され、2016年4月12日付中日新聞で紹介されました。ぜひご一読下さい。


中日新聞(朝刊) 2016年4月12日(火)

この記事は中日新聞社の許諾を得て転載しています 。
(承諾書番号 20160418-17623 )
無断で複製、送信、出版、頒布、翻訳、翻案等著作権を侵害する
一切の行為を禁止します。