当専攻の森郁恵教授、小林暁吾研究員らの研究グループが、神経細胞「ニューロン」から延びる「シナプス」が別の神経細胞と結び付くことで形成されると長年考えられてきた記憶の仕組みに関し、一つの神経細胞だけでも記憶が形成されることを、線虫を使った実験で確認しました。この研究成果は、米国科学誌「セル・リポーツ」に掲載され、中日新聞で紹介されました。ぜひご一読ください。


中日新聞(朝刊) 2015年12月25日(金)

この記事は中日新聞社の許諾を得て転載しています 。
(承諾書番号 20151228-17042)
無断で複製、送信、出版、頒布、翻訳、翻案等著作権を侵害する
一切の行為を禁止します。