画像1 画像2 画像3 画像3 画像3


 

▶菅島臨海実験所のFacebookページを開設いたしました。こちらかも実験所の様子や開催される臨海実習の情報を発信していきます!


▷H28年度開催される臨海実習への参加者を募集しています!

●大学院公開臨海実習(大学院生対象)

開催日程:平成28年2月23日~8月26日 →申込締切:平成28年6月17日

●公開臨海実習(学部生対象)

開催日程:平成29年2月27日~3月3日 →申込締切:平成28年12月19日

●愛知学長懇話会主催海洋生物学実習

開催日程:平成29年2月27日~3月3日 →申込締切:平成28年12月19日


▷当臨海実験所所長の澤田均教授が平成26年度日本動物学会賞を受賞しました(2014.9.12)


▷当研究室の澤田教授を領域代表とした新学術領域研究「動植物に共通するアロ認証機構の解明(略称:動植物アロ認証)」(2009年度-2013年度)から、その成果の一部が書籍として一般発信されました

和書「動植物の受精学」(化学同人)

洋書「Sexual Reproduction in Animals and Plants」(Springer, Japan)

(なお、洋書版は2012年に名古屋で開催された国際会議のプロシーデングスで、こちらから無料でダウンロードできます)


▷教育関係共同利用拠点「先端マリンバイオロジー教育共同利用拠点」(期間:平成25年8月2日~平成30日3月31日)認定のお知らせ

 

★大学院生募集中(Welcome New Graduate Students!)


当研究室では主に、ホヤの受精機構 [特に、雌雄同体のホヤが自家受精を回避する自家不和合性(自己非自己認識)の分子機構と、精子が卵外被を通過する時に働く卵膜ライシン(細胞外ユビキチン-プロテアソームシステム)の構造と機能] に関する研究を行っています。この研究に興味があり、研究意欲の旺盛な大学院生(博士前期課程、後期課程)を募集しています。詳細に関しては、澤田までe-mailで事前にお問合せ下さい。


Sawada Laboratory is now focusing on the mechanisms of fertilization of ascidians (primitive chordate), in particular on the mechanism of self/nonself-recognition (or self-incompatibility) during fertilization and on the sperm extracellular ubiquitin-proteasome system, functioning as a egg-coat lysin that allows sperm to penetrate through the egg-coat. Access to this website ( http://admissions.g30.nagoya-u.ac.jp/en/Program/graduate/admissions/ ), describing eligibility and requirement for application to the G30 program of the Graduate School of Science, Nagoya University, if you are interested in joining my laboratory as a graduate student.